事業の内容

 本事業では、摂食障害(拒食症や過食症など)という病気について、多くの人に知ってもらうために専門家を招いての講話イベントを開催しました。講演会では、摂食障害について理解するための基本的な話と実例発表を行いました。
 また、講演会までに打ち合わせを兼ねて、誰でも参加できる定例会を月1回開催し、情報共有する機会を設けました。
 当事者やその家族に寄り添う社会をつくる第一歩になることを目的としています。

事業の成果と感想

 これまで山形では摂食障害を扱うイベントはほとんど行われていなかったため、参加者アンケートの内容では「参加できてよかった」との声が多数見受けられました。また、摂食障害に関する悩みを抱えており、相談できる場所がほしいとの要望もありました。
 今回の講演会に参加された方は、当事者やそのご家族だけでなく、職務上知識をつけたいという方もいらっしゃいました。一般的にはまだ身近な内容ではないため、自分が摂食障害であることを「話してはいけない」という雰囲気を強く感じてしまうのが現状です。今後はその悩みを気軽に打ち明けることができる場所をつくっていくことが重要であると改めて感じました。
 当団体としても知名度を上げるために、引き続き、周知・広報活動を行ってまいります。

晴れときどき雨の会 晴れときどき雨の会